pick up!

スタッフコラム「スタッフが語るバルコ考」を更新しました。

【10月のお休みのお知らせ】
定休日の日曜祝日のほか、14(土)~16(月)、23(月)をお休みさせていただきます。

***************************************かねこくん

Text by アルパ金子

山菜とキノコ好きの僕が、山菜について語ります・・・

***************************************

今年の春は早かった・・・

11121400_827117810698200_1266559322_n (1)

今年の春の山菜はとにかく早かったですね・・・
フキノトウは例年より約2週間ぐらい早かった・・・

タラの芽・ウド・こごみなどの山菜を楽しみ春の訪れを感じる機会は早く訪れました。「春には苦みを盛れ」といいますが人間を始めとする動物は、冬の間、体温を逃がさないためにできるだけ体を動かさず、体内に栄養を蓄えて冬を乗り切ります。即エネルギーと なるたんぱく質や脂質を含む肉食が多くなり、そのため冬の間は脂肪がつきやすく、体重も増える傾向にあります。

しかし、気温が暖かくなる春先になると、新陳代謝が活発になり、肝臓の働きも活性化され、体内に溜め込んだ脂肪や老廃物を排出して春の体へと変化していきます。冬の体から春の体へと、スムーズに移行させていくのに欠かせない食べ物が山菜です。

昔から「春には苦みを盛れ」といわれています。
実はこの苦みにこそ、冬から春の体に変わるメカニズムをスムーズにする働きがあるのです。
冬眠から目覚めた熊が一番初めに口にするのは「ふきのとう」といわれているのも、
ふきのとうの苦みを体内に取り入れることで、眠っていた体を目覚めさせているといわれています。

○ふきのとう ‐蕗の薹‐(3月~4月)
雪の合間に芽をだすこともあり、他の食材より早く春の訪れを知らせてくれます。
花茎を食べるのでふきよりも栄養が豊富です。ほろ苦いですが食べたときには春の香りが口に広がります。

○たらのめ ‐楤の芽‐(4月~5月)
タラノキの新芽で、山菜の中ではたんぱく質を多く含みますので食べたときに滑らかさがあり、
山菜の王様ともいわれています。ハウス栽培が多くなり、スーパーでも比較的長い期間目に
することができますが、天然物は香りも強く、美味しいです。

○うど ‐独活‐(4月~5月)
漢方では根を乾燥させたものを生薬として用いています。香りとシャキシャキした歯触りが
特徴です。

○こごみ(4月~5月)
ぜんまいより濃い緑色をしており、葉の先が丸まった若芽で、ぬめりが少しありますが、
歯ごたえがよく、アクが少ないため山菜の中でも比較的食べやすい山菜です。

ふきのとう・タラの芽・こごみなどはもう終わってしまったので(山の上に行けばありますが)
これからは、ウドを目指して山に繰り出そうと思います!
まだ遅くはない!山菜や春野菜独特の「苦み」は、デトックス効果が高く、
冬にため込んでしまった老廃物を排出してくれるので、沢山食べたいと思います。笑

今年は、野草・木・花などの山にあるものの種類を覚えていくことを目標にしていきます!

.

最新情報はFacebookをチェック!

営業日カレンダー

○営業時間
木・金・土・祝前日
16:00-24:00(last order 23:30)
月・火・水
16:00-23:00(last order 22:30)
○定休日
日祝休
※イベント開催時、GWなどは営業します。詳しくは<営業日カレンダー>をご確認ください。
※貸切などは対応可能な日もありますのでご相談ください。

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes